「難削材試作.com」(アイテック株式会社)がこれまでに手がけた、ハステロイ・インコネルなどの難削材加工の事例について、それぞれの詳細を掲載しています。画像および材質、サイズ、加工工程、特徴といった情報を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

加工事例詳細

高精度ブロック

  • 高精度ブロック

材質

A5052

サイズ

30×36×40

加工工程

フライス加工

特徴

ジグボーラーにより、アルミニウム(Al)材料に高精度な 加工を行っています。下面より 25±0.02の位置にH7の穴を加工、その穴基準にて下面のノック穴を 振り分け±0.02ピッチで加工しています。その際、基準面(端面)の精度が重要です。