医療・航空業界で活用が進む難削材の“今”

医療・航空業界で使用される部品などは、もっともシビアな品質管理が求められる場所とも言えます。さらに、高度になる設計に合わせ、ハイレベルな技術力も要求され続けています。このページでは、難削材が医療・航空業界においてどのような活用がされているのか? そして、その課題に「難削材試作.com」(アイテック株式会社)がどうアプローチしているのか? といった点についてご紹介します。

専門的な業界で使用される難削材

航空機や自動車、医療関連、そして原子炉など――。難削材は、人の命に近い場所で利用される素材です。精度が劣ってしまったばかりに、事故を招いてしまうこともないとは言い切れません。こうした業界で利用されるものだからこそ、常に品質への徹底が求められています。

医療業界

医療業界

人の顎の骨へ埋め込まれることを前提とした歯科医療用素材「インプラント」。これは、人体に無害であると同時に、長期的に使用できるよう耐久性にも優れている必要があります。弊社は、これまでの実績を生かした加工と品質管理で、医療機器分野に求められる精密性をクリア。常に信頼性の高い製品をお届けしています。

医療業界

医療機器分野では、チタニウムやセラミックといった難削材が頻出することに加え、難形状品が多いのも特徴です。弊社はこれからも、難削材加工技術とそれに伴うマネジメントノウハウを応用し、医療分野への貢献を続けてまいります。

航空業界

航空業界

高度な加工技術はもちろん、徹底した品質管理と品質保証の体制を求められるのが航空業界です。弊社では、長年の実績と豊富な経験を生かし、製品の品質・寸法精度だけでなく、品質保証体制についても安心してお任せいただけます。

航空業界

特に、費用・軽量・強度・信頼性・加工性などを重視したサービスを展開しており、特殊形状にももちろん対応。取り扱い可能な難削材の種類も多く、アルミニウム合金、チタニウム、CFRP(炭素複合材)、インコネルハステロイ、ステンレス合金など、さまざまな素材に対応いたします。