“ものづくり”の必要不可欠となった難削材

難削材は現在、世界的なニーズの高まりの中にあります。国内外問わず、“ものづくり”において今後ますます重要度を増していくことが予想されます。このページでは、ハステロイ・インコネルなどの難削材加工を手がける「難削材試作.com」(アイテック株式会社)が、難削材が注目される理由や、求められている業界などについてお伝えします。

世界から求められる難削材

ハイブリッド自動車、燃料電池、航空宇宙、原子力など。高い付加価値を追究されるシチュエーションでは、常に軽量や高強度、高耐熱性といった要求がなされます。そして、こうした現場で扱われるほとんどの材料・素材は難削材。これを活用できることはつまり、国内の製造業の競争力を高めるカギとも言えます。高付加価値へのニーズとグローバルな競争環境の進展を鑑みたとき、日本の“ものづくり”において難削材の活用は、今や不可欠な存在となっています。

主な難削材の使用例

航空機
  • アルミニウム合金
  • チタニウム
  • CFRP(炭素複合剤)
原子炉
  • ステンレス合金
  • インコネル
  • 耐熱合金
ジェットエンジン
  • インコネル
  • ハステロイ
  • ステンレス合金
燃料電池
  • カーボン
  • セラミックス
  • 鋼合金
ハイブリッド自動車
  • アルミニウム合金
  • エンジニアリングプラスチック
  • セラミックス
IT機器・携帯電話
  • マグネシウム
  • セラミックス
  • 鋼合金
  • ガラス
  • 単結晶白コン
  • ニッケル
エンジン
  • アルミニウム合金
  • セラミックス
  • 耐熱合金
医療関連
  • チタニウム
  • セラミックス

※表は左右にスクロールして確認することができます。