難削材の疑問・不安を解決するQ&A

難削材加工における“よくあるご質問”について、「難削材試作.com」(アイテック株式会社)がお応えします。弊社が手がけるサービスへのご質問についても掲載しておりますので、ぜひご覧ください。なお、こちらのQ&Aに掲載されていないものがあれば、ぜひ弊社までお気軽にお尋ねください。

Q平面度で、なおかつ高精度な加工をお願いできますか?
Aお任せください。弊社では、アルミニウム(Al)などの非鉄金属といった素材であっても、平面度で高精度な加工が可能です。以下の写真は、弊社が保有する精密平面研削盤(ナガセインテグレックス)です。

平面度で、なおかつ高精度な加工をお願いできますか?

>>詳しくはこちら

Qミクロン台といった高精度な機械加工はできますか?
Aはい、可能です。弊社では、安田工業のマシニングセンタ(ジグボーラー)や、三井精機工業のジグボーラーを保有。ミクロン台も可能な精密加工に対応します。

ミクロン台といった高精度な機械加工はできますか?

>>詳しくはこちら

Q円筒研磨加工で対応できる精度レベルはどの程度ですか?
A弊社では、ミクロン台の精密な円筒研磨加工に対応しています。以下のを保有しております。

  • 円筒研磨加工で対応できる精度レベルはどの程度ですか?

以下は、上記円筒研削機で製作したワークです。

円筒研磨加工で対応できる精度レベルはどの程度ですか?

仕様

高さ:400mm(100φ)

精度公差

垂直度:±0.005mm
平行度:±0.006mm

QOリングの挿入具の加工を検討しています。Oリングをお渡しすれば、最適なご提案をいただけますか?
Aぜひお持ち込みください。Oリングだけでなく、それを供給する母体(治具)を基にした挿入具の形状についてご提案を差し上げます。なお、母体(治具)とその図面をお持ちいただければ、Oリングに最適な挿入具の設計・加工も承ります。なお、「こんな感じの形状」「だいだいこんなイメージ」といった漠然としたテーマのみのご依頼もぜひお気軽にご相談ください。
Q対応している素材や材料について教えてください。
A

  • インコネル
  • ハステロイ
  • ステンレス(SUS)
  • チタン(Ti)
  • アルミニウム(Al)
  • PEEK
  • ファインセラミック
  • インバー/スーパーインバー

上記以外の素材についても対応可能な場合がございます。まずはお気軽にご相談ください。

>>詳しくはこちら

Q対応している加工法について教えてください。
A弊社では、多種多様な設備を導入し、幅広い加工に対応しております。

  • 旋盤加工
  • フライス加工
  • 研削加工
  • 製缶加工
  • 板金加工
  • 熱処理加工
  • 表面処理加工
  • 特殊加工

>>詳しくはこちら

Q難削材加工にあたり起こる問題点とは何でしょうか?
A難削材は工具寿命に影響を与え、欠損やピッチングの発生といった問題が懸念されます。さらに、こば欠けやバリの発生や溶接の可能性、切りくず処理性の悪さ、精度や切削熱、切削抵抗の問題、そして自動加工ができないといった諸問題が考えられます。その他にも、データの少なさからくる閉鎖性や、素材自体の価格・希少性からくる技術革新への保守性・消極性、加工設備の特殊性といった課題も挙げられます。

弊社であれば、さまざまな難削材に対応。豊富な実績の中で培ったノウハウを基に、お客様の期待にお応えします。幅広い加工に適用できる設備もご用意しておりますので、どんなことでもまずはご相談ください。

>>詳しくはこちら

Qどのような業界との取引が多いのでしょうか?
A難削材は、医療、エネルギー、航空、液晶・半導体、自動車、食品機械などさまざまな業界で活用されています。高付加価値へのニーズが高まる現代において、今後よりいっそう難削材は広まることが予想されます。

>>詳しくはこちら