ハステロイ、インコネルなどの切削・研削なら「難削材試作.com」

ハステロイやインコネルなどの難削材の加工は「難削材試作.com」(アイテック株式会社)までご相談ください。弊社は、創業100年の実績と経験を基にした高い技術力とノウハウで、さまざまな種類の難削材の切削・研削を行います。幅広いご要望にお応えするため、設備も充実。どのようなご依頼も、まずはお気軽にご相談ください。このページでは、弊社提供のサービスが持つ強みや、流れなどについてご紹介します。

難削材とは…?

加工しにくい材料や素材。それが難削材です。日本においては、“ものづくり”の現場で高い水準の品質を求められるケースも増えており、特に自動車や航空、医療といった幅広い分野でニーズが高まってきています。

難削材試作.comの加工サービス3つのポイント

ポイント1 さまざまな難削材に対応しています。

難削材は企業がデータを独占的に保持することも多く、企業間競争の兼ね合いもあり、加工現場まで降りてこないこともあり、閉鎖的な状況が生まれています。弊社では、さまざまな切削加工に取り組むことでこのノウハウを蓄積。インコネルやハステロイ、チタン、スーパーインバー、低熱膨張材など、さまざまな素材・材料に対応可能です。

ポイント2 さまざまな加工事例から解る技術力

難削材は高価かつ貴重という特徴があり、チャレンジが生まれにくい傾向があります。そのため、過去の作業標準に反していても準拠されるケースが多く、技術の革新に消極的かつ保守的となっているのが現状です。弊社はこれを払拭すべく、さまざまな加工を経験することで、ノウハウを蓄積し、日々技術力の向上に努めています。

ポイント3 さまざまな加工が可能です

一部の難削材は加工設備を専用にせざるを得なくなり、採算が合わない場合は外注業者に頼るしかなくなります。弊社では、可能な限り自社で幅広い素材・材料に対応するため、多種多様な設備を保有しており、各難削材に対応した切削工具も充実しております。小ロットからのご発注など、お客様のご要望に応えるさまざまな加工を可能にしています。

項目 加工方法
旋盤加工 被工作物を回転し、工具刃物を当てて切削加工を行う手法
フライス加工 多数の切れ刃を持つフライスを用いて面加工を行う切削加工
研削加工 高速回転する研削砥石を使い、加工物を精密に削る手法
ワイヤーカット放電加工 真鍮製のワイヤー線に電流を流して金属を切断する手法
製缶・板金加工 金属板を切断・曲げ・溶接し、容器や骨組み状のものを作る手法

加工サービスの流れ

1.お問い合わせ 2.お見積もり・ご提案 3.ご契約
まずはお電話、メールフォームからお気軽にご連絡ください。 お客様のご要望に応じたお見積もりとご提案を差し上げます。 お見積もり・ご提案に納得いただけましたら、ご契約をお願いします。
4.加工 5.納品 6.お振込
ご発注内容を基に作業を開始。自社一貫の高品質で対応いたします。 検査合格後、納品いたします。なお、短納期などもお気軽にご相談ください。 納品物をご確認いただき、問題がなければお支払いをお願いします。

難削材の加工ポイント

難削材は素材・材料の種類によって加工難度が異なります。切削条件をどこまで上げられるかは加工工数に大きく関わり、工具費用等のコストにも影響しますので注意が必要です。また、加工機にダメージを与えやすいグラファイトのような素材や、発火のおそれがあるマグネシウム、粉塵爆発の可能性があるアルミニウム(Al)やチタン(Ti)は、より慎重な作業が必要です。

被削性ピラミッド

材質の切削加工性は、以下のようなピラミッドで表せます。

被削性ピラミッド