難削材試作.comの選ばれる理由は・・・

特徴1 さまざまな難削材の加工に対応!

  • 特徴1 画像01
  • 特徴1 画像02

特徴2 さまざまな加工が可能です!

  • 特徴2 画像01
  • 特徴2 画像02

事例紹介

詳しくはこちら

アイテックならではのVA(value analysis)/ VE(value engineering)のご提案

アイテックならではの、VA/VEのご提案

製品加工におけるコストダウンで重要なのは、設計・開発の下準備をいかにしっかりと行い、作業を効率化できるかです。弊社では、VA/VEのご提案をお客様へ差し上げることで、高品質を保ったまま費用削減を実現します。機械・板金加工や材料選定・表面処理、溶接・組み立てなど、さまざまな種類の加工におけるアプローチを試みます。

詳しくはこちら

難削材について

難削材とは?

インコネルやハステロイ、ステンレス(SUS) 、アルミニウム(Al)、超硬合金など、一般的に切削しにくい素材・材料のことを難削材と呼びます。以前まではSUS材もこれに含まれていましたが、加工技術の進歩によって、除外されるようになりました。
なお、特性は大きく3つに別れ、低熱伝導性の素材(超耐熱合金・チタン合金など)、延性の大きい素材(純ニッケル・純銅など)、高硬度・高脆性の素材(セラミックス・ガラスなど)が挙げられます。しかし実際には、素材によって特性が異なるため、加工設備や条件、切削工具に及ぶ影響もそれぞれ。その時々に応じた対応力が求められるのが、難削材の加工でもっとも難しいところです。

詳しくはこちら

難削材の高まるニーズ

医療、エネルギー、航空、液晶・半導体、自動車、食品機械といった業界の製造現場では、常に軽量化や強度、耐熱性の向上といった要望が飛び交います。しかし、ここで登場する素材や材料というのは、その多くが難削材。つまり、この技術なしでは日本の“ものづくり”に競争力をつけるのは難しい、とも言えます。
高付加価値へのニーズが高い現代だからこそ、難削材に関わる加工技術は、不可欠な存在へとなってきています。

詳しくはこちら

お問い合わせはこちら
0120-451-412
受付時間 平日9:00~17:00